終身雇用制だった以前の日本

昔の日本においては終身雇用制が当たり前と言えました。企業は従業員の一生を見るかのごとく雇用し、また従業員も企業に恩を返す様に働く…古くは武士道の精神とも言えたかもしれません。そして勤続年数が長くなるほど、出世したり収入があがったりと順調な生活が約束されていたのです。それは戦後の高度経済成長から続き、バブル経済と呼ばれていたまでがピークだったのでしょう。

実力主義である現在の日本

求人しかし、それは束の間の夢だったのかもしれません。今の近年の日本における不景気が社会に我々の生活にも影を落としています。終身雇用制は脆くも崩れ去り、経営者は会社の倒産、更に従業員はリストラの恐怖を感じながら戦々恐々と過ごしているのです。

その事からも言える様に、現在の社会は実力主義や成果主義ともなり、企業はより限られた資金の中から、なるべく良い人材を求めますし、仕事を求める人は資格やスキルを身に付けて雇用して貰おうとしています。

育たない人材の恐れ

実力主義や成果主義と言うと、企業にアピールする為に自らの技量を高めたり、また職場ではお互いが切磋琢磨しあう事からプラスの面も多いでしょう。しかし、その事は必ずしも良い事ばかりでは無く、反面いくつかの問題点もはらんでいます。

求人まず、企業においては新たなる人材の育成が進まない事があげられます。考えてみれば、手塩に掛けて育てた人材が必ずしも自分の為に動いてくれるとは限りませんし、ともすれば自分の地位を脅かす事にもなりかねません。昔であれば強かった信頼関係や恩義も、今の社会においては弱くなってしまったと言えるでしょう。その結果、誰も自分にとってのライバルを作り出したくは無いから人材が育ちにくいのです。

不公平な格差社会

人間社会とは不公平なもので、全ての人に等しい能力がある訳ではありません。実力主義は能力を持った人こそ歓迎できるものですが、そうでない人にとっては迷惑極まりないものです。もちろん目標に向かって努力する事は大切ですし、また平等を履き違えて当たり前の仕事をせずに給料を貰おうとするのも問題でしょう。しかし頑張っても報われない人だって数多くおり、その人達にも家族がいるのです。その結果、結婚を諦める若者が増えるなど、より格差社会が進んでいると言えます。

現代日本が抱える病

今現在において、大学の卒業を控えても職場が決まらないケースも増えており、また、若者の勤労意欲も失われていると言えます。フリーターだけでは無く、ニート、そして自宅からでない若者…いや中高年においても、その傾向が見られつつあるのです。また、一生懸命働く人にとっても後ろ向きな病などが深刻な問題となっており、現代社会は多くの病を抱えていると言えます。

日本は実力主義社会の後進国

もっとも実力主義は日本だけに限らず、外国でも広く取り入れられています。もちろん外国でも同じような問題はありますが、日本は特に深刻と言えるでしょう。それは日本においてはほんの二十余年近く前までは終身雇用制であった事もあり、その急激な変化に、まだ日本人や日本企業、そして日本社会が実力主義に適応しきれていないのです。日本に実力主義が浸透して、それが円滑にいく為にはまだ時間が掛かるかもしれません。

企業と求職者を引き合わせる求人

さて、その中でも諦めずに仕事を求めている人も多いです。当然、仕事をしなければ収入を得られません。一方、企業も人材を良い人材を求めています。人材がいなければ企業は運営出来ません。その求職者と企業を引き合わせるものとして、様々な求人システムがあるのです。

求人もちろん、お互いに希望もあり、求職と雇用が一致するとも限りませんが、それらによって多くの人が仕事に就ける事には間違いありません。